Dia

無料で簡単! Microsoft Visio風のレイアウト図、フローチャート、設計図他作図ソフト

完全な説明を見ます

賛成票

  • 無料でフローチャートやレイアウト図、設計図などを作図できる
  • 大量の図形が用意されている
  • 操作は簡単で、自然と覚えられる
  • レイヤーに対応している

反対票

  • VDX形式にエクスポートできるが、Microsoft Visioで開けないことがある
  • 色の変更や線の種類の変更などの細かいカスタマイズには手間がかかる

とても良い
8

Dia(ディア)は、無料で設計図やフローチャート図などを作成できる作図ソフト(ダイアグラムエディター)です。ビジネス向け作図ソフトのMicrosoft Visioを意識して開発されたそうですが、占い・心理テストチャートやトーナメント表作成のようなカジュアルな用途にも手軽に使えます。CADなどの高度なソフトウェアを使わずに、整然とした図面を作りたいときにお勧めです。

Diaの基本的な操作方法はVisioと似ており、画面左側のメニューで図形やコネクタ(図形を繋げる線)を選び、画面右側のキャンバスに挿入します。図形の種類はバラエティー豊かで、四角形や円などの基本的なものの他、PCやサーバーなどのイメージ図や地図のパーツ、各種記号、ジグソーパズルのピースなどから選べます。自分で図形を作画することはできませんが、外部の画像を挿入することはできます。また、レイヤーに対応しているので、部分ごとに別のシートで作成・編集し、重ね合わせることができます。

画面表示やヘルプは日本語に対応していませんが、操作は簡単なので、色々試しているうちに自然と覚えられるでしょう。ただし、図形の色や線の種類を変えるにはひと手間必要で、右クリックメニューの「Property」で色コードや線の太さを指定する必要があります。アート作品のように美しいカラフルな図面を作るというよりは、情報や物をすっきりと正しくまとめるのに向いていると言えるでしょう。

Diaで作成した図面は、VDX(VisioのXMLフォーマット)/PNG/JPEG/TIFF/PDFなどの様々な形式にエクスポートできます。ただし、このVDXファイルはVisioでは開けないことがあります。逆に、Microsoft Visioで作成したVDXファイルDiaでも表示・編集できますが、頻繁にレイアウトが崩れたり文字化けが発生します。

Diaは、無料で簡単に見やすい図を作ることができるダイアグラムエディターです。ペイントソフトや表計算ソフト、プレゼンテーションソフトなどでの作図に不便を感じている人は、作図専用のソフトウェアにシフトしてみてはいかがでしょうか。